一部の機能を正しく機能させるには、このストアでJavaScriptを有効にする必要があります。

AYURMASTER オンラインショップ 16,500円以上で送料無料

アーユルヴェーダで得られる「効果」とは? 健康・美容における効能

アーユルヴェーダで得られる「効果」とは? 健康・美容における効能

アーユルヴェーダでは、病気の原因は臓器等のゴミ詰まりであり、ゴミ詰まりを解消すれば病気は治ると考えられています。極めて明快な理論で、当社イチバンライフの現代科学による老化・若返り理論とも一致します。

今回は、アーユルヴェーダを実践することによって得られる効果として、健康および美容に対するアーユルヴェーダのさまざまな施術について詳しく解説します。

アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダは長寿の科学です。

健康長寿の実現には、全人的なバランスと対称性の取れた行動様式と生活習慣が要求されます。体質の改善につながる食生活と生活習慣、性格改革や感情のコントロールも有益です。

動物種の最大寿命は遺伝的にほぼ決定されていますが、それは特定の生活環境の中での話であり、内的および外的環境の変動によって大きく左右されます。実際のところ、後天的な影響が大きいため、動物の寿命予測は困難です。

人類においても、遺伝的要素より環境要因の影響の方がはるかに大きいです。歴史的に見れば、ヨーガ行者や道教の修験者、仏教医学の実践者などは100歳を優に超え、200歳程度まで長生きをしています。

彼らの特徴は、野菜を中心とした粗食を摂り、瞑想などの精神統一でメンタルケアを心掛け、適度な運動を日常的に実施していることです。長寿動物と同様に、老化疾病の原因である老廃物や体内毒素を溜めない生活を送っています。

古代インドにおいては、

  • ダルマ(社会規範)
  • アルタ(財産)
  • カーマ(性愛)

が人生の3大目的とされ、これらを満たしながら家庭生活を営み、良い子孫を残すことが理想とされました。インドの哲学者や宗教家が最高目標とした煩悩からの解脱は、厳しい戒律と苦行を必要とし、一般民衆には無縁の存在です。

幸せな人生の基盤は健康長寿です。したがって、アーユルヴェーダは幸せな人生を送るマニュアルといえます。

一般民衆にとって、健康長寿や富、家族の繁栄、美的容姿の向上などが主な幸せな人生の要素です。インド社会で理想とされる禁欲的な思想や行動は必要としません。

ただし、年齢に応じた生活様式(人生四住期)は健康長寿の面からも有益です。インドの平和や友好、快楽が尊重される社会においては、魅力的な容姿やマナーが重要な要素となります。

全身医学の観点から見れば、健康長寿と美的容姿は表裏一体の関係にあります。そのため、アーユルヴェーダは美容分野においてもさまざまなハーブ製剤と施術を用意しています。

アーユルヴェーダの施術

アーユルヴェーダは総合的な健康科学であり、病気の予防と治療の両方に対して、さまざまな施術を用意しています。

アーユルヴェーダは当初から「ハーブ製剤」を多様な施術に用いてきましたが、その比重は時代と共に大きくなっています。

ハーブ製剤の第一の目的は、疾患部位の治療というより体内浄化です。アーユルヴェーダでは、老化や病気の主因は、老廃物や生体毒素が蓄積し、生体通路(スロータス)をふさぐことだと考えられています。したがって、病気のことをアーマーヤ(アーマ起源という意味)と呼びます。

西洋の医薬品は、疾患部位の対症療法を目的とします。それは、根本治癒につながりません。

ハーブの有効成分は、生体反応を制御し、そのバランスを改善します。また、強力な体内浄化と潤滑作用を持つため、老廃物や生体毒素の排出を促します。

ハーブ製剤はこうした作用により、病気の原因を取り除き、自然治癒力による根本治癒を助けます。

アーユルヴェーダは、全身の健康管理を目的としています。健康長寿と美容の増進は心身の健康から得られるものであり、両者は密接な関係にあります。したがって、美容増進と病気治療の施術は重複し、どちらにも体内浄化が重視となります。

生体浄化の有効性に気がつかない西洋医学だけでは、真の美容・健康長寿は達成できません。たとえば、単純な化学物質を使用しても、美容・健康・長寿は到底実現できないと考えられます。

アーユルヴェーダの施術の特徴は、多大な経験と深い洞察に基づく体内浄化法を広く採用していることです。体内浄化法の基本は、パンチャカルマ(点鼻法、嘔吐法、下剤法、浣腸法、瀉血法)です。これは薬用オイルなどを体内へ注入し、体内毒素を体外へ直接的に排出する方法です。

間接的な浄化法には、薬用ハーブオイル、ハーブペースト、ハーブ煎じ液をさまざまな方法によって皮膚から体内へ浸透させ、血管やリンパ管を通して体内毒素を体外へ排出させる方法があります。ざっとまとめただけでも、25種類以上の施術法が美容と健康の改善に使用されています。

アーユルヴェーダで得られる効果:健康編

アーユルヴェーダは全身医学であり、病気の予防や治療、健康維持、美容の改善と向上など、すべてを同等に扱います。健康と美容を特に区別はしませんので、多くの施術法は健康にも美容にも効果があります。

アーユルヴェーダでは、外的な美観は体内器官の健康状態の反映であると考えられています。高齢化社会の到来に際して、健康長寿は最大の関心事となっています。

健康長寿に有益な施術は、体内浄化法とハーブ製剤の摂取です。ハーブ製剤は組織や臓器の細胞を活性化し、生体機能の改善とバランスの適正化を助けます。

ドーシャのバランスも改善します。体内浄化法の中心はオイルマッサージです。ここでは、健康長寿を目的とする代表的なハーブ製剤と浄化法を紹介します。

効果:健康長寿

アーユルヴェーダの施術(トリートメント)の究極目標は健康長寿です。すべての施術はこのためにあるといっても過言ではありません。

パンチャカルマやオイルマッサージなどの体内浄化法が予備的な施術ですが、核心は健康長寿のためのハーブ製剤です。それは、解毒や体質改善、生体機能の活性化作用などを介して、老化防止と若返りを達成させます。

多くの長寿レシピが考案されていますが、当社はラサーヤナ(若返り)製剤として次の3種を選び、日本向けに改良した製品を提供しています。

  • チャバナリスタ
  • シャンジバニ・ラサーヤナ
  • トリファーラ

いずれも古くから知られた伝統レシピであり、さまざまな研究結果から健康寿命120歳を推定しています。古典医書には数百歳を可能にするレシピが記載されていますが、データの裏付けはまだ不十分です。

効果:体内浄化

アーユルヴェーダの施術の多くは体内毒素の浄化法であり、病気治療や健康、美容などに幅広い効果を示します。

薬用オイルや煎じ液、薬用ペースト、薬用粉末などを体の全体または一部に塗布し、さまざまな処置により薬剤を体内へ浸透させます。そして、ハーブの有効成分が体内毒素を局部から溶出させ、溶け出した毒素は血管やリンパ管を通って体外に排出されます。

本格的な施術法には、次のようなものがあります。

  • アビヤンガ(全身オイルマッサージ)
  • カシャヤバスティ(煎じ液浣腸)
  • スネハバスティ(薬用オイル浣腸)
  • ナスヤ(点鼻法)
  • バスティ(浣腸法)
  • ヴァマナ(催吐法)
  • ヴィレーチャナ(下剤法)

効果:痛み解消

痛みは、疾患や障害の警告です。

身体に不都合が生じれば、炎症反応を引き起こします。炎症反応は、疾患に対する治癒反応の最初の反応であり、病原菌に対する防御反応でもあります。

また、痛みは正常な行動を阻害し、日常生活の妨げとなります。そのため、アーユルヴェーダはさまざまな痛み解消法を用意しています。 

代表例としては、次のものが挙げられます。

  • アビヤンガ(全身オイルマッサージ)
  • キリ(ハーブボール)
  • カティバスティ(背中浄化)
  • カシャヤバスティ(煎じ液浣腸)
  • ジャヌバスティ(膝関節浄化)
  • スネハバスティ(薬用オイル浣腸)

効果:メンタルヘルスの改善

頭部や身体の浄化は、メンタルヘルス(ストレス、鬱・不安、不眠、認知症)の改善に有効です。

これらが発生する原因は、特に頭部に不純物や毒物が蓄積するためです。代表的な施術には、次のようなものがあります。

  • カシャヤダーラ(ハーブ液垂下)
  • クシールダーラ(薬用ミルク垂下)
  • シロダーラ(額オイル垂下)
  • タクラダーラ(バターミルク垂下)
  • タラポチチル(頭部ペーストマサージ)
  • ナスヤ(点鼻法)
  • パダビヤンガ(足裏オイルマッサージ)
  • ピリチリ(温オイル布の圧迫法)

効果:麻痺改善

麻痺は、障害から発生する神経損傷または機能不全による後遺症です。

日常生活に支障をきたす病気の後遺症ですが、西欧医学では適切な治療法はありません。原因不明の下半身麻痺や半身麻痺もあり、こうした難病にはアーユルヴェーダの施術が有効です。

代表例には、次のようなものがあります。

  • アビヤンガ(全身オイルマッサージ)
  • ウドヴァルタナ(薬用オイル上向きマッサージ)
  • カシャヤバスティ(煎じ液浣腸)
  • キリ(ハーブボール)
  • スネハバスティ(薬用オイル浣腸)
  • ナスヤ(点鼻法)
  • パダビヤンガ(足裏オイルマッサージ)
  • ピリチリ(温オイル布の圧迫法)

効果:免疫機能の改善・向上

アーユルヴェーダの施術の効果として、免疫機能の改善または向上が挙げられます。というのも、全身機能のバランスを整え、恒常性維持に有益だからです。

ほとんどの施術は免疫機能の正常化に有益ですが、特に次のものが有益とされています。

  • アビヤンガ(全身オイルマッサージ)
  • シロダーラ(額オイル垂下)
  • タクラダーラ(バターミルク垂下)
  • ナスヤ(点鼻法)
  • ピリチリ(温オイル布の圧迫法)

効果:臓器疾患の改善

アーユルヴェーダは、各種臓器の疾患に対して有効なハーブ製剤を用意しています。

ハーブ製剤は、疾患部位の機能障害を改善させる対症療法の効果を持ちます。こうしたハーブ製剤に対して、浄化療法も負けず劣らず効果的です。それは、アーマ(体内毒素や未消化物)が体内の流通経路を塞ぐことで臓器疾患が発生するからです。

頭部の疾患に対して:

  • シロアビヤンガ(ヘッドマッサージ)
  • ナスヤ(点鼻法)
  • ネトラタルパナ(目に栄養)

消化器疾患に対して:

  • カシャヤバスティ(煎じ液浣腸)
  • スネハバスティ(薬用オイル浣腸)
  • パダビヤンガ(足裏オイルマッサージ)
  • ヴァマナ(催吐法)
  • ヴィレーチャナ(下剤法)

腰椎疾患に対して:

  • カティバスティ(背中浄化)
  • キリ(ハーブボール)
  • スパインバスティ(脊椎浄化)

頸部疾患に対して:

  • グリーヴァバスティ(首浄化)

膝関節に対して:

  • キリ(ハーブボール)
  • ジャヌバスティ(膝関節浄化)

呼吸器疾患に対して:

  • ナスヤ(点鼻法)
  • パダビヤンガ(足裏オイルマッサージ)

がそれぞれ有益です。

効果:がん細胞の増殖阻止と細胞死への誘導

がん治療は古くからアーユルヴェーダの関心事でした。

アシュワガンダを始めとして、100種を超える抗癌ハーブが臨床試験により効果が登録されています。また、抗がんハーブを組み合わせたハーブ製剤も知られています。

浄化療法は免疫機能や自然治癒力を高めるため、がん治療に有効です。しかし、ハーブ製剤の最も重要な働きは、がん細胞の増殖阻止と細胞死の誘導です。

抗がんハーブの詳細な作用機序の研究はまだ始まったばかりです。当社は現代科学のがん生物学の知識を併用し、副作用がなく、すべてのがん細胞を死滅させるハーブレシピの開発を急いでいます。

アーユルヴェーダで得られる効果:美容編

高齢化社会においても、美容維持は中高年男女の関心事となっています。

アーユルヴェーダは全身美容であり、健康長寿法とも重複します。美容は体内の組織器官、特に肝臓の健康状態を反映するからです。

体の表面からの浄化法は直接皮膚に作用するので、皮膚の美容効果が特に大きいです。ここでは、アーユルヴェーダの浄化法は予想外の美容効果を発揮することについて紹介します。

効果:美肌(シワ、シミ、光沢)

アーユルヴェーダの浄化法には、薬剤を体内に注入する方法と体の表面から浸透させる方法があります。体の表面からの浄化法は皮膚に直接作用するので、皮膚全体への作用が最も強く現れます。皮膚の浄化や栄養補給、保湿、細胞活性化などの効果があり、すべて美肌再生に有益です。

アーユルヴェーダの浄化施術は、シミ・シワの解消、美白や光沢の向上など美肌を再生する最も確実な方法です。代表例には、次のものがあります。

  • アビヤンガ(全身オイルマッサージ)
  • ウドヴァルタナ(薬用オイル上向きマッサージ)
  • ウブタン(ハーブ粉末塗布)
  • カシャヤダーラ(ハーブ液垂下)
  • サウンダリヤ(全身オイルマッサージ&栄養ペースト塗布)
  • シュリンガラ(全身オイルマッサージ&ペーストでの磨き)
  • タラポチチル(頭部ペーストマサージ)
  • ムカレーパ(顔面パック)

効果:美髪&育毛

毛髪ケアといえば、育毛剤を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、市販の育毛剤(医薬品&医薬部外品)の効果は不十分です。脱毛や薄毛は頭皮の老化現象であり、毛髪再生には頭皮と毛根の若返りが必要だからです。

当社は、頭皮・毛根を若返らせる育毛剤(頭皮用美容液)を開発し、顕著な効果を実証しています。

毛髪形成には体質や毛根の頭皮環境(頭皮温度、血行、栄養補給など)も影響します。そのため、アーユルヴェーダの浄化施術は毛髪形成を促進するのです。

効果的な方法としては、次のものが挙げられます。

  • カシャヤダーラ(ハーブ液垂下)
  • クシールダーラ(薬用ミルク垂下)
  • シロアビヤンガ(ヘッドマッサージ)
  • シロダーラ(額オイル垂下)
  • タクラダーラ(バターミルク垂下)
  • タラポチチル(頭部ペーストマサージ)

効果:アイケア

※眼病や視力の改善または向上は健康分野に入りますが、眼力は容姿にも関わるため美容分野に含めました。

視力の改善や向上は西洋医学では対応できない分野です。実際、視力障害は眼球の構造に加えて、視神経の障害によることが多いです。

頭部の浄化は、神経機能の強化や改善に最適です。そのため、頭部の浄化施術は視力の改善に有益となります。代表例には次のものがあります。

  • シロアビヤンガ(ヘッドマッサージ)
  • ナスヤ(点鼻法)
  • ネトラタルパナ(目に栄養)
  • パダビヤンガ(足裏オイルマッサージ)

効果:減量

一般的に、過度な肥満は成人病の温床であり、美容にも良くないと考えられています。適切なダイエットによる体重管理が最善です。

アーユルヴェーダは体内浄化を促進するために、適度な絶食(例:週1日)を奨励しています。世の中には、美食を楽しみながら体形を維持したいという人は少なくありません。浄化施術は体内毒や過剰な体内脂肪の排泄に有効であり、減量にも有益です。

代表例としては、次のものがあります。

  • アビヤンガ(全身オイルマッサージ)
  • ウドヴァルタナ(薬用オイル上向きマッサージ)
  • カシャヤバスティ(煎じ液浣腸)
  • キリ(ハーブボール)

効果:体型維持・向上

美容で最も重要な要素は若々しいスタイルです。どんなにメークや衣服に力を注いでも、基本となる体型が崩れていれば、効果は半減してしまいます。逆に、スタイルが良ければ、どんな服装を着ても見栄えが良いともいえます。

体型維持または向上の最適な方法は、体内浄化です。代表例としては、次のものがあります。

  • アビヤンガ(全身オイルマッサージ)
  • カシャヤバスティ(煎じ液浣腸)
  • スネハバスティ(薬用オイル浣腸)
  • バスティ(浣腸法)
  • ヴァマナ(催吐法)
  • ヴィレーチャナ(下剤法)

アーユルヴェーダの一部門とされるヨーガも効果的です。近年、美容と健康を目的とした方法がいくつも編み出されています。ヨーガを日常的に取り入れることは、美容・健康・長寿の全般に有益となります。

アーユルヴェーダで効果が期待できる理由とは?

続いては、アーユルヴェーダに確固とした美容・健康・長寿の効果を期待できる理由を考察します。主な理由は、アーユルヴェーダは古代の高度なインド文明に起源を持つからです。

サーンキャ哲学を中心とするインド古代文明は、現代の科学文明より格段に進んでいたとされています。天文学や物理化学、工業、医学などの分野において、高度な科学技術が発掘されつつあります。

アーユルヴェーダの病気理論や治療法はこの遺産を受け継いだものと考えられ、この科学的態度はハーブ利用学を飛躍的に発展させました。数万種類のハーブが調査され、1,000種以上の薬用ハーブが登録されました。この背景には、インドの豊富な植生、長い時間と多大な忍耐力、膨大な臨床試験が存在します。

アーユルヴェーダは幸せな人生を追求する科学です。

  • 全体論に基づく生命観
  • 物質と生命の分析主義
  • 効果の厳密な評価
  • 副作用を忌み嫌う態度
  • インド文化に特有な深い洞察力

が、長い歴史の過程で効果的な病気理論と治療法を作り上げました。

これらの真髄は、生体機能のバランス改善法と維持と体内浄化法です。ここで紹介した浄化施術は、アーユルヴェーダの専売特許です。病気の原因は臓器等のゴミ詰まりであり、ゴミ詰まりを解消すれば病気は治ると考えます。極めて明快な理論です。

当社の研究においても、老化と成人病の主因は老廃物と体内毒素の蓄積であることを実証しています。これはアーユルヴェーダのゴミ詰まり理論と完全に一致します。

アーユルヴェーダの価値ある文献や医書の多くは失われ、ごく一部しか残っていません。膨大な仏教経典のように、インドには多種多様の史料が数多く書き残されています。しかし、大英帝国の植民地時代に、アーユルヴェーダは謂れのない迫害を受け、ほとんどが破棄されました。

大英帝国から独立後、インドおよびバングラデシュ両政府は専門大学を設立し、アーユルヴェーダの復興と再興を図ってきました。一方で、西洋医学はギリシャに伝わったアーユルヴェーダを起源に持ちますが、受け継いだ遺産は簡単な病気理論だけです。

現代医学は、ペニシリンの発見以後の80年ほどの歴史しか持ちません。それ以降、簡単な化学物質を用いる医療しか芽生えませんでした。 

近年、科学技術の飛躍的進歩のもとに外科技術は格段に進歩しています。現在では、アーユルヴェーダと現代医学の利点を融合した統合医療が望まれます。

まとめ

インドにおける人生の三大目的は、「社会規範」「財力」「性愛」とされています。これらの基盤となるのが健康長寿であり、アーユルヴェーダは幸せな人生を送るためのマニュアルです。

一方で、宗教家や智慧者は煩悩からの解脱に到達するため、「美食」「快楽」「富から離脱した禁欲生活」が求められます。アーユルヴェーダは幸せな人生を追求するために、これらの4つのバランスの取れた生き方を奨励していると思われます。

多くの人は健康長寿を求めますが、それは生物の自然な本能です。そして、美容はその一部です。

アーユルヴェーダを実践し、心身ともに充実した人生を歩むことは、自己実現と社会貢献に他なりません。ここで紹介した内容が、アーユルヴェーダの理論と実践を正しく理解する一助となれば幸いです。

こちらでアーユルヴェーダに関する商品を取り扱っております。美容・健康・長寿に関心をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください。